ハワイ名物の「ガーリックシュリンプ」。発祥やおすすめ店をチェックしよう

ハワイ名物の「ガーリックシュリンプ」。発祥やおすすめ店をチェックしよう

公開日:2024.04.28
更新日:2024.06.09

ハワイの名物料理として有名なガーリックシュリンプ。数多くの有名店が存在しますが、こちらの記事ではその中でも特におすすめのお店について詳しく紹介します。

ハワイ名物「ガーリックシュリンプ」

photo by @dorkyparksdad / instagram

ガーリックシュリンプとは、大ぶりのエビを殻ごと大胆にソテーしたスタミナ満点のハワイ名物料理。エビのぷりっとした食感と香ばしいガーリックとバターの風味が食欲をそそります!スパイシーでジューシーな味わいが魅力です。

味わい、使う食材

ガーリックシュリンプのメインとなる食材は名前の通りエビです。

大ぶりでぷりぷりのエビが味の決め手になるといっても過言ではありません。

味付けはお店によりますが、ハワイアンガーリックソースに必要不可欠なのは、たっぷり刻んだガーリックとオリーブオイル、塩胡椒です。玉ねぎのみじん切りを入れて味に変化を持たせているお店も多く存在します。

それぞれのお店が独自のレシピで考案したハワイアンガーリックソースにエビをまとわせ、オリーブオイルでソテーします。仕上げにバターを投入して香りづけをすることも多いようです。

ガーリックシュリンプの発祥

ガーリックシュリンプの発祥はハワイ・オアフ島北部にあるサーフィンの聖地・ノースショアのカフクといわれています。

元々カフクは1970年代後半からエビの養殖が盛んでした。そこでサーファーが手軽に食べられるプレートランチとしてキッチンカーでガーリックシュリンプが生まれたといわれています。

現在ではローカルのみならず観光客からも大人気のハワイ名物料理となりました。

ハワイでのガーリックシュリンプの食べ方

photo by @noonmoondesign / instagram

ハワイで提供されているガーリックシュリンプは一般的には殻付きで提供されることが多いため、初めて食べるときは食べ方に戸惑うことも。食べ方に正解はないため完全にお好み次第にはなりますが、一般的に多い食べ方のスタイルについて紹介します。

 

  1. 殻付きのまま手掴みで食べる

  2. 殻を手で剥いて食べる

  3. あらかじめ殻が剥かれているものはフォークでも 

プレートランチ店で提供されるものは特に手掴みで食べることが多いです。殻付きで提供されるお店が多いため必然的に手掴みでしか上手に食べることができないため、ガーリックシュリンプ=手掴みで食べるもの、という認識となっています。

レストランなどではあらかじめ殻が剥かれているものもあるので、そういった場合はフォークやお箸が食べやすいですね。

ソースにたっぷりディップしたり、付属のレモンを絞って召し上がるのがおすすめです。

ガーリックシュリンプがおいしいハワイのおすすめ店

ジョバンニ シュリンプ トラック (Giovanni's Shrimp Truck)

photo by @giovannisshrimptruck / instagram

ハワイのガーリックシュリンプといえばジョバンニ。

落書きのあるキッチンカーが目印!人気No1の老舗店です。ガーリック・シュリンプブームの火付け役となった店ともいわれています。

オアフ島内に、ハレイワ・カフク・カカアコの3店舗を構えています。

支払いは現金のみとなるためご注意を!

ハレイワの店舗は人気のため行列していることが多いです。駐車場があるためレンタカーで訪れた際もゆっくりとお食事を楽しむことができますよ。

シュリンプスキャンピ

photo by @giovannisshrimptruck / instagram

$15

メニューはシュリンプスキャンピ、ホット&スパイシー、レモンバターの3種類。

お値段は各$15に統一されています。

最もベーシックなメニューでもある、シュリンプスキャンピはガーリックたっぷりの味わいが最高!病みつきになること間違いなしです。

さっぱりとした味わいがクセになるレモンバターもオススメ。

レモンのさっぱりした味わいとバターの風味が最高のバランス感です。

辛いものがお好きな方は、ホット&スパイシーもお気に召すでしょう!

複数人であれば、みんなでシェアしてもいいですね。

ジョバンニのガーリックシュリンプはボリュームたっぷりなのも特徴です。1プレートに2スクープ分のご飯、シュリンプも大ぶりで10尾以上入っているため少食の方は2人でシェアしても良いくらいのボリューム感です。

 

店舗名

ジョバンニ シュリンプ トラック (Giovanni's Shrimp Truck)

住所

66-472 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

電話番号

808-293-1839

営業時間

10時30分~17時

定休日

なし

アクセス

ノースショア

 

ビッグ ウェーブ シュリンプ (Big Wave Shrimp) 

photo by @bigwaveshrimp / instagram

こちらは日本人好みの味付けに定評があるシュリンプワゴンです。日本の芸能人も数多く訪れているためジョバンニと並んで日本人観光客から大人気です。

ノースショア ハレイワタウンの入り口からすぐ、小さな橋の手前にあります。

世界最大級の旅行口コミサイト『トリップアドバイザーUSA』で2014年エクセレンス賞も受賞している実力派です。

ガーリックバター

photo by @bigwaveshrimp / instagram

$13.95

人気No1は正統派ガーリックバター。新鮮なシーフードを使用しているので身がプリプリ!ガーリックとバターの風味が絶妙にマッチしているソースが特徴です。

同じく$13.95で下記も選べます。

  • スパイシー

  • レモンペッパー

通常は殻ごと提供されますが、注文時エビの殻を剥いてほしい方は追加料金$1で対応してくれます。個人的には殻なしが好きなのでこのサービスは嬉しいポイント。殻付きのエビに不慣れなお子様連れにもオススメです。

ビッグ ウェーブ シュリンプもボリュームたっぷり!

12尾前後の海老と、ご飯2スクープ、キャベツサラダ付きです。

店舗詳細

Big Wave Shrimp(ビッグウェーブシュリンプ)

オアフ島 > ノースショア周辺
0
  • アクセス
    ワイキキから車で60分 / ワイキキからバスで120分
  • 営業時間
    月-日:10:00〜18:30
  • 定休日
    無休

ブルーウォーター シュリンプ&シーフード (Blue Water Shrimp & Seafood) 

photo by @bluewatershrimp_hi / instagram

ランチワゴンからスタートしたファミリーレストラン。現在ヒルトンハワイアンビレッジの敷地内にはレストランがあり、クヒオ通りにはキッチンカーがあります。

ガーリックシュリンプや地元産の魚料理をはじめとする新鮮なシーフードのほかにも、プライムリブステーキなどもありメニューが豊富なのが特徴です。

秘伝のローストガーリックソースを使用したガーリックシュリンプは不動の人気!

ガーリックシュリンプ

photo by @bluewatershrimp_hi / instagram

$22

ガーリックシュリンプ8尾 $22

他の味のバリエーションはこちらです。

  • スパイシーガーリックシュリンプ8尾 $22

  • クリスピーココナッツシュリンプ6尾 $20

※全てライス・サラダ・コーン付き
※上記の価格はヒルトンハワイアンビレッジのレストランの価格です。

海老から出汁を摂りブイヨンと自家製バターを使ったクリーミーなソースは上品ながら濃厚な味わい!ガーリックの香りとの相性が抜群です。

 

店舗名

ブルーウォーター シュリンプ&シーフード (Blue Water Shrimp & Seafood)

住所

2005 Kālia Rd, Honolulu, HI 96815

電話番号

808-955-5400

営業時間

9時~22時

定休日

なし

アクセス

ヒルトンハワイアンビレッジ

 

フェイマス カフク シュリンプ トラック (Famous Kahuku Shrimp Truck)

photo by @famouskahukushrimp / instagram

韓国人オーナーが営むガーリックシュリンプ店。看板もハングルで書かれており韓国人の口に合うお店としても評判!ローカルからも人気が高いお店です。

ノースショアのカフクにあるサトウキビ工場の跡地「カフクシュガーミル跡地(Kahuku Sugarmill)」内にあるため、モール内のパーキングに止めてオーダー出来ます。

まだあまり日本人には知られていない隠れた名店です!

ホット&スパイシーシュリンプ

photo by @famouskahukushrimp / instagram

$14

辛いもの好きにはたまらない!?ホット&スパイシーシュリンプは希望すればいくらでも辛くしてもらえるというから驚きです。辛いものが得意な猛者はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

フェイマス カフク シュリンプ トラックのガーリックシュリンプはバターの濃厚な味付けが特徴です。ご飯の上にもガーリックバターが乗っていて食欲をそそります。

ベーシックなガーリックシュリンプは、$14でいただけます。

ガーリック&ホット&スパイシーが欲張りに味わえるコンボメニューも!

こちらは$16となっています。

 

店舗名

フェイマス カフク シュリンプ トラック (Famous Kahuku Shrimp Truck)

住所

56-565 Kamehameha Hwy, Kahuku, HI 96731

電話番号

808-389-1173

営業時間

10時~18時

定休日

なし

アクセス

ノースショア

 

カマロン シュリンプ ワゴン (CAMARON SHRIMP WAGON) 

photo by @hawaiine55 / instagram

ハレイワタウンのメインストリート「カメハメハ・ハイウェイ」沿いにあるシュリンプワゴン。他のガーリックシュリンプとは一味違うあっさりとしたクリーミーな味わいが特徴です。

アメリカ本土で長年レストラン経営をしてきた日本人シェフがハワイ中のシュリンプワゴンを食べ歩き、研究を重ねてできたオリジナルレシピが評判!日本人オーナーのため日本語が通じるのも嬉しいポイントです。

ガーリックシュリンプ

photo by @aloha_days_hawaii / instagram

 $13.95

カマロンシュリンプワゴンのガーリックシュリンプは、さらっとしたクリーミーなソースが特徴。隠し味は昆布だというから驚きです!昆布出汁を使うことで味に深みが増し、濃厚ながらもすっきりとした味わいになるのだそう。

また最初から殻が剥かれている状態なので、手を汚すことなく食べられるのも嬉しいポイント。味も細部へのこだわりも含め総合的に日本人好みのお店といえます。

他の味付けのバリエーションも豊富です。

  • スパイシーガーリックシュリンプ - $13.95

  • レモンバターシュリンプ - $13.95

  • シュリンプスカンピ - $15.95

  • ココナッツシュリンプ - $12.95

  • コンビネーション(ココナッツシュリンプとガーリックシュリンプ) - $15.95

お近くを訪れた際は、ぜひ御賞味あれ!

 

店舗名

カマロン シュリンプ ワゴン (CAMARON SHRIMP WAGON)

住所

66-236 Kamehameha Hwy, Haleiwa, HI 96712

電話番号

808-348-6484

営業時間

10時30分~16時

定休日

なし

アクセス

ノースショア

GOOFY Café & Dine(グーフィーカフェアンドダイン)

photo by @goofy.hi / instagram

フォトジェニックなアメリカ西海岸風の店内が特徴!モーニングからディナーまで営業しているおしゃれなカフェ&ダイナーです。

こだわりのハワイ産の食材を中心に、ロコモコやアサイーボウルなどハワイで必ず食べたいローカル人気メニューが揃います。

アクセスも良好で、ヒルトンハワイアンビレッジから歩いて約5分ほどの距離にあります。アラモアナ方面に滞在している方は徒歩圏内でアクセス可能です。

ガーリックシュリンプ

photo by @emilydoesntsharefood / instagram

$24.5

  • ガーリックシュリンプ

エビ8尾、グリーンサラダ、とうもろこし玄米醤油ソテー(殻つき) 

こちらのガーリックシュリンプは、ぜひ殻ごと食べてみてください!というのも調理工程に他のお店とは違う一手間がかけられているんです。

片栗粉をまぶしたホワイトシュリンプを短時間でサッと素揚げし、海老の旨味を閉じ込め、サクサクに仕上がったシュリンプに特製のガーリックソースを絡めています。

殻付きのエビが苦手な方もこれなら食べやすいと感じるでしょう。

バター醤油で和えたコーンが添えられており、ちょっぴり日本の要素も感じられる一皿です。

店舗詳細

GOOFY Café & Dine(グーフィーカフェアンドダイン)

オアフ島 > アラモアナ / カカアコ周辺
0
  • アクセス
    "ワイキキから車で10分 / ワイキキからバスで15分"
  • 営業時間
    月~日7:00~14:00 / 17:00~21:00
  • 定休日
    無休
 

ガーリックシュリンプにやみつき♪

ハワイの名物料理ガーリックシュリンプ。提供している店舗が多いからこそ、どこで食べるか迷ってしまいますよね。今回は特に人気の名店を6店舗紹介しました。お近くを訪れた際はぜひ食べてみてはいかがでしょうか?