ハワイに行ったら必食!マクドナルドのローカルメニュー完全ガイド

ハワイに行ったら必食!マクドナルドのローカルメニュー完全ガイド

公開日:2023.06.06
更新日:2024.06.09

ハワイに旅行に行ったら、もちろん現地のおいしい食べ物を味わいたいですよね。でも、忙しい観光スケジュールの中、現地の味を堪能する時間がないという方も多いはず。そんな方におすすめしたいのが、マクドナルドのローカルメニュー。ハワイ限定のメニューや、ローカルフレーバーのバーガーなど、現地の味を手軽に楽しむことができます。この記事では、マクドナルドのローカルメニューを一挙に紹介!

ハワイマクドナルドの人気ローカルメニュー5選

「ハワイに来たら、マクドナルドなんて食べる必要ないでしょ?」と思っている方もいるかもしれませんが、ハワイのマクドナルドには実は現地ならではのメニューがたくさんあります。スパムエッグマフィンといったハワイの食材を使ったメニューも豊富です。 そこで、今回はハワイのマクドナルドで人気のローカルメニューを5つご紹介します。日本との違いを堪能しながら食べることで、より楽しむことができるでしょう。旅行中の食事選びの参考にしてみてください。

ローカルデラックスブレックファスト

ローカルデラックスブレックファスト

photo by @jocoeatsworld / Instagram

ローカルデラックスブレックファスト(Local Deluxe Breakfast)は、マクドナルドの中でもハワイにしかない限定メニューで非常に人気があります。
ご飯、スパムソーセージ、ポーチュギーズソーセージ、卵焼きが入った贅沢なセットメニューになっており、マクドナルドでご飯が食べられる珍しさに、注文する方が多いです。

930キロカロリーある商品なだけにかなりボリュームもあるので、お腹いっぱい食べたい方におすすめです。

味わい

ローカルデラックスブレックファスト

photo by @pbandjansandwich / Instagram

ホカホカの白米とトロトロな玉子焼き、スパムソーセージ、ポーチュギーズソーセージがセットになっており、日本の朝食を感じます。

しょっぱすぎないアロハ醤油はスパムと良く調和し、日本人に馴染みのある食べ方が可能です。

肉肉しいスパムソーセージやポーチュギーズソーセージと白米の相性は抜群で、がっつりと食べることができます。ご飯にもアロハ醤油をかけて食べてみてください。

特徴、中身

ローカルデラックスブレックファスト

photo by @macdonaldshawaii / Instagram

ハワイの中でも一部の店舗でしか食べられないのが、ローカルデラックスブレックファスト(別名:玉子焼き定食)です。

マクドナルドでは珍しいご飯物。ご飯、スパムソーセージ、ポーチュギーズソーセージ、卵焼きが入ったセットで、朝マックメニューとして販売されています。ご飯物のメニューには「エッグス&ライス」「エッグス&ライス」「ローカルデラックスブレックファスト」の3種類ありますが、その中でもローカルデラックスブレックファストが一番人気を占めています。

ご飯の量も多く、海外仕様になっているのも特徴の1つ。ご飯にアロハ醤油をかけて食べるのがロコ流で、ローカルの方に非常に人気があります。

マクドナルドでご飯がついているのは、世界中でハワイだけ。マクドナルドでのご飯、物珍しさに食べてみるのも良いかもしれません。

価格

価格は約4〜6ドル程度。

安いというマクドナルドのイメージからは少し外れますが、ハワイの限定メニューでしっかりと量を食べられることを加味すると、悪くない値段設定となっています。

サイミン

サイミン

photo by @koreankikat_kravings / Instagram

サイミンはハワイで生まれたローカルヌードルで、エビのだし汁に小麦粉から作られた麺が入っています。見た目は日本で言うところのカップラーメン。

ハワイではサイミンを提供しているお店が至るところにありますが、マクドナルドで麺類が食べられるのは驚きです。

しかし、2022年にマクドナルドはサイミンの販売を停止しています。理由は、マクドナルドにサイミンを提供していた仕入先が閉店したため。

今後、仕入先の目処が立てば再販する可能性もあるとしていますが、当面の間計画はないようです。

味わい

サイミン

photo by @atsushi_iyoda / Instagram

ラーメンに近い見た目をしていますが、ラーメンとは異なる味わいです。

薄味に仕上げられていますが、出汁に使われているエビの香りがします。

ラーメンを食べる感覚で注文するとさっぱりとした味に驚いてしまいますが、味が濃いバーガーとの組み合わせでスープ感覚で頼むとちょうど良いかもしれません。

それでも味が薄すぎるという方は、ハワイのマクドナルドにはソルトやペッパー、アロハ醤油が用意されていることが多いので、お好みの濃さに調整すると良いでしょう。

特徴、中身

サイミン

photo by @paris._.leung / Instagram

エビ、鰹節、昆布から取っただし汁に小麦粉から作られた麺が入っているのが基本の形で、ハワイのB級グルメとして人気です。

ラーメンとうどんの中間くらいの麺の硬さをしています。

ナルトやチャーシュー、ノリ、錦糸卵などが入っており、カップラーメンのような見た目をしているのが特徴のサイミン。

バーガーだけでは物足りないときに、サイドメニューとして注文するのがおすすめです。

店舗によって若干味が異なるので、自分好みのサイミンを見つけてみてはいかがでしょうか。

価格

価格は約3〜4ドル程度。

サイミン専門店にはちょっと手が出しづらいという方も、マクドナルドのサイミンならお手頃です。

ビスケット ベーコン、エッグ&チーズ

ビスケット ベーコン、エッグ&チーズ

photo by @マクドナルド

ビスケット ベーコン、エッグ&チーズはバンズの代わりにビスケットでサンドされている商品です。

バターを塗った香り高く温かいバターミルクビスケットと厚切りのアップルウッドスモークベーコン、ふわふわの折り卵、アメリカンチーズスライスの相性は抜群。コーヒーとセットで頼みたい1品です。

日本では販売されていない商品なので、ハワイを訪れた際はぜひ1度食べてみてください。

味わい

ビスケット ベーコン、エッグ&チーズ

photo by @_karinkorin_ / Instagram

ビスケットの中にベーコン、卵、チーズが入っています。

アップルウッドスモークベーコンのしょっぱさをふわふわの折り卵とアメリカンチーズが緩和してくれるので、ちょうど食べやすい味わいになります。

ビスケットはバターの香りが良く、単体で食べても美味しいです。

サクサクとしたビスケットの食感はバンズとは異なる具材との相性があります。メイプル風シロップ入りのパンケーキとソーセージパティの組み合わせで人気のマックグリドルのように「本当に合うのか?」と最初は戸惑ってしまいますが、食べてみると意外とマッチしていて癖になる。マクドナルドの商品開発力を感じることでしょう。

特徴、中身

トッピングビスケット ベーコン、エッグ&チーズ 

photo by @マクドナルド

一番の特徴は、バンズでなくビスケットが使われている点です。厚切りのアップルウッドスモークベーコン、ふわふわの折り卵、とろけるアメリカンチーズのスライスがバターミルクビスケットにサンドされています。

日本では馴染みのない商品なので最初は戸惑いますが、ビスケットの食感と食材の味がやみつきに。通常のバンズも美味しいですが、ビスケットと比較した際には、サクッとした食感が魅力的です。ハワイのマクドナルドに行くとなんとなく食べたくなるという方も多いのではないでしょうか。

価格

価格は約2〜3ドル程度。
一般的なバーガー価格ですが、バーガーの変わり種として一度食べてみると良いでしょう。きっと「ハワイのマクドナルドといえば、ビスケットバーガー」という認識になるはずです。

ハウピアパイ

ハウピアパイ

photo by @aloha_sun_  / Instagram

ハウピアパイはハワイでしか食べられない、かつ期間限定販売のマクドナルドのスイーツです。ハワイの伝統的スイーツであるココナッツミルクを使用したハウピアをパイ生地の中に詰めたパイ。食後のデザートにちょうど良い一品です。

味わい

ハウピアパイ

photo by @mahinaryu.hi / Instagram

パイ生地の中から温かいハウピアが溢れ出てきます。甘くてクリーミーな中身とパリパリのパイ生地がマッチ。

定番のアップルパイよりも甘さは控えめです。

ココナッツ感も強すぎず、ミルキーさが苦手な方にも食べられる味わいになっています。ハンバーガーやフライドポテトなど油っぽい商品を食べた後のデザートとして最適です。

特徴、中身

ハウピアパイ

photo by @mamarazzieats / Instagram

期間限定販売なので、ハワイのマクドナルドでハウピアパイを見かけたらぜひ食べてみましょう。

ココナッツミルクを使用しているため、パイの中身は真っ白です。

熱々のハウピアとパイ生地の相性は良く、食後のデザートにおすすめできます。
マクドナルドのデザートと言えば「パイ」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ハワイのパイと言えば「ハウピアパイ」というポジションを築いているようです。

価格

価格は約1ドル程度。
バーガーだけでは物足りないときや小腹が空いたときにも食べやすい一品です。

価格も低く、地元の学生に人気の商品の一つです。

Royal Coffeeブランド使用のコーヒー

Royal Coffeeブランド使用のコーヒー

photo by @マクドナルド

コーヒーが美味しいことで有名なマクドナルドですが、ハワイのマクドナルドコーヒーも一味違い美味しく仕上げられています。ハワイのマクドナルドではRoyal Coffeeブランドを使用したコーヒーを提供しています。
ハワイにおける1号店を開店してからずっと、ハワイブランドであるRoyal Coffeeと提携。良心的な価格で美味しいプレミアムロイヤルコーヒーが飲めます。

味わい

Royal Coffeeブランド使用のコーヒー

photo by @mcdonaldshawaii / Instagram

缶コーヒーやペットボトルコーヒーなど薄味のものが多い中、マクドナルドのコーヒーは濃く作られています。酸味や苦味、香り、コク、深みのバランスが良く、誰にでも飲みやすい印象です。また、日本同様にホットとアイスが存在しているため、季節や気温により選ぶと良いでしょう。また、日本とは違い、日本のLサイズがハワイではMサイズぐらいの差があるため、少し少なめのサイズを注文すると良いでしょう。しっかり苦味とコクを感じるコーヒーが飲みたい方におすすめです。

特徴、中身

Royal Coffeeブランド使用のコーヒー

photo by @themrsallban / Instagram

アイス、ホットともにRoyal Coffeeを飲むことができます。
氷が入ったアイスコーヒーであっても、ある程度濃い状態で飲めるのが特徴です。

なお、注文の際にRoyal Coffeeの表記はありませんが、普通にコーヒーを頼めばRoyal Coffeeブランド使用のコーヒーが提供されます。

価格

価格は約3ドル程度。
日本のマクドナルドと比べるとやや高く感じてしまいますが、こだわりの1杯はおすすめです。
日本のコーヒーとは異なり、ハワイでしか飲めない味をぜひ味わってみてください。


日本の定番、てりやきバーガーは。。。

日本でもおなじみのてりやきバーガーは、実はハワイでもシーズナルアイテムとして販売されています!ロコもてりやきはなじみが深く、大好きです。
フレンチフライはやはりおいしい!
(イーストサイドアロハスタジアムさん 30代女性)


ハワイマクドナルドの限定メニューはココだけで食べられる!

次に、普段とは違うハワイらしいメニューや、店舗限定グッズを手に入れることもできる店舗をご紹介します。店舗によってはハワイの文化や風景を取り入れたオリジナルデザインの店舗が見られるので、ぜひチェックしてみてください。

ハレイワ店

マクドナルド ハレイワ店

photo by @aloha.koto / Instagram

マクドナルドハレイワ店は日本のマクドナルドとは異なるデザインになっています。

レトロな外観やクラシックなロゴも海外使用になっており本場を感じますが、若干分かりにくいため初めて訪れる方は注意が必要です。また、トイレは基本的に鍵をかけており、従業員の方にお願いすると開けてくれる仕組みのため、こちらも注意しておいた方が良いでしょう。一方で地元の方からも愛されており、従業員も地元の方が大半とのことなので、ほっこりとした雰囲気が売りのマクドナルドです。


こんなマクドナルド見た事ない!

このデザインのマクドナルドはハワイでもここ以外見たことないかも。あの有名なガーリックシュリンプ店の目の前にありますよ!
(ハワイ在住 もんじろうさん 20代 男性)

限定メニューの有無

マクドナルド 期間限定のパイ

photo by @mcdonaldshawaiil / Instagram

マクドナルドでは珍しいご飯物(ローカルデラックスブレックファスト)や期間限定のパイなどを食べることができます。

営業時間

マクドナルド ハレイワ店 スタッフ

photo by @mcdonaldshawaii / Instagram

月曜日〜日曜日:午前 07:00 ~ 午後 7:00
月曜日〜日曜日:午前 06:00 〜 午後 11:00(ドライブスルー)

ロケーション/アクセス

公式店舗URL

https://www.mcdonalds.com/us/en-us/location/hi/haleiwa/66457-kam-hwy/10761.html

ホノルル店

マクドナルド ホノルル店

photo by @wavees / Instagram

ワイキキの中心部にこじんまりと位置するマクドナルドホノルル店。お店の近くには海や砂浜があり、ハワイを感じることができます。
物価が高めのワイキキでも、マクドナルドのような安価なお店があるので安心です。

限定メニューの有無

ホノルル店 ローカルデラックスブレックファスト

photo by @sheishyein / Instagram

ご飯、スパムソーセージ、ポーチュギーズソーセージ、卵焼きが入ったセット(ローカルデラックスブレックファスト)やサイミンなど、ハワイ限定のメニューが取り揃えてあります。日本では食べられない商品をハワイで食べておきたいという方でも、ホノルル店で完結させることができるでしょう。

営業時間

マクドナルド

photo by @mcdonaldshawaii / Instagram

月曜日〜日曜日:24時間営業

月曜日〜日曜日:24時間営業(ドライブスルー)

ロケーション/アクセス

公式店舗URL

https://www.mcdonalds.com/us/en-us/location/hi/honolulu/2237-kuhio-ave/21813.html 

マウイ島キヘイ店

マクドナルド マウイ島キカヘイ店

photo by @hyo425 / Instagram

マクドナルドマウイ島キヘイ店はキヘイの中心部にあり、ビーチから徒歩3分程度とロケーションも最高です。また、ドライブスルーでの注文や、マックデリバリーも使用可能。さらに、非接触型モバイル注文とカーブサイドピックアップでフライドポテトを無料でゲットできるキャンペーンも実施しています。

その他、お店の特徴として、お肉やバンズを選んでオリジナルバーガーを作ることができます。

限定メニューの有無

マクドナルド マウイ島キカヘイ店 限定メニュー

photo by @classic_dave213 / Instagram

バンズの代わりにビスケットが使用された限定バーガー(ベーコンエッグ&チーズビスケット)やご飯、スパムソーセージ、ポーチュギーズソーセージ、卵焼きが入ったセット(ローカルデラックスブレックファスト)があります。

営業時間

マクドナルド ハンバーガー

photo by @mcdonaldshawaii / Instagram

月曜日〜日曜日:午前 05:30 〜 午後 11:00

月曜日〜日曜日:午前 05:30 〜 午後 11:00(ドライブスルー)

ロケーション/アクセス


公式店舗URL

https://www.mcdonalds.com/us/en-us/location/hi/kihei/1214-s-kihei-rd-po-box-1105/11982.html

ハワイのマクドナルドで、地元の味を楽しむ旅

ハワイのマクドナルドでの食事は、旅行の楽しみの一つとなります。 ローカルメニューや限定メニューを楽しんで地元の文化や風景とともに思い出を作ってみるのはいかがでしょうか?


マクドナルド = 喫茶店!?

ハワイに住み始めた頃に、マクドナルドに行ってびっくりしたのはローカルのご年配の方がたくさんいたこと。日本では見かけることがない光景ですが、ハワイだと特に朝は、近隣在住のご年配の方がお友達同士で集まっています。まるで喫茶店みたいですよ。
(気づいたらハワイ在住20年 30代 男性)