ZIPAIRが格安な理由は?サービス一覧と利用方法まとめ

ZIPAIRが格安な理由は?サービス一覧と利用方法まとめ

公開日:2023.10.03
更新日:2024.06.11

せっかくハワイに行くのなら、少しでも安く抑えたいという方は多いでしょう。そこで今回ご紹介するのがLCCとして話題の「ZIPAIR(ジップエア)」です。ZIPAIRには、どのような特徴やサービスがあるのかなど、飛行機を利用する方が気になるポイントを徹底的に解説します。

格安でハワイに行くならZIPAIR!

photo by @ZIPAIRTokyo / Twitter

ハワイまでの飛行機代は、一般的に片道7〜10万円程度かかります。特にハイシーズンは航空券価格が上昇し、20万円を超えることもあるでしょう。しかし、ZIPAIRでは、なんと2万円台からという格安でハワイへ行くことができます。なぜここまで安くできるのか、具体的なサービスはどうなっているのか、人気の理由をご紹介します。

ZIPAIR 特徴

ZIPAIRの正式名称は「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」といい、JAL(日本航空)が100%出資しているLCCです。成田国際空港へ発着しています。JALエンジニアリングが定めるマニュアルやオペレーションに準じ、厳しくチェックされているので、LCCだと安心面でちょっぴり心配という方でも安心して利用できるでしょう。

他 航空会社と 違い

大手航空会社やほかの格安航空会社との違いをチェックしてみましょう。まずは、大手航空会社との違いです。LCCと大手では、以下のようなサービス面で物足りない部分があるかもしれません。しかし、そのぶん価格に反映されています。JALの価格と比べても半額以下で利用可能です。

  • 事前座席指定、機内食、アメニティなどは全てオプション制(有料)

  • ステータスやマイレージ制度なし

  • 個人用のモニターなし

次にほかの格安航空会社との違いです。日本・ハワイ間で利用可能なLCCは、現時点でZIPAIRとエアアジアのみとなっています。ただし、エアアジアの出発地は大阪(関西国際空港)のみです。ZIPAIRとエアアジアでは出発地が異なるので料金の比較はできませんが、ZIPAIRは以下のように快適な空の旅になるような工夫を行っています。

  • 大型機787-8(全290席)での運行

  • 180度水平になるフルフラットシートを18席導入

  • 79cmの前後空間と43cmの座席幅があるスタンダードシートを導入

  • コンセントや無料W-Fiを全席完備

 

ZIPAIR フライト情報

photo by @kazu300zxasami / Instagram

空港

ZIPAIRは現在、東京(成田国際空港)を拠点としています。チェックインカウンターは、第1ターミナルの4階北ウィング4階です。到着地は、ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)です。

フライトスケジュール

運行情報は、ZIPAIRの公式サイトから閲覧可能です。日本・ハワイ間の運行は1日1便で、2023年9月時点でのフライトスケジュールと飛行時間は以下のようになっています。ZIPAIRに関わらず、ホノルルへのフライト時間は、行きは7時間30分~8時間50分程度、帰りは8時間~9時間45分程度です。偏西風の影響を受けるので、帰りの時間のほうが長くなります。

 

出発時間

到着時間

往路:成田→ホノルル

19:15

07:50

復路:ホノルル→成田

09:50

13:10

 

詳細はこちら

ZIPAIR 機内・座席

座席はスタンダードとフルフラット 2種

ZIPAIRの座席は以下の2種類です。

  1. スタンダードシート(一般的な座席)272席

運賃:日本発 29,000円~

シートピッチ:約79cm

座席幅(肘掛け間):約43cm

photo by zipair

  1. フルフラットシート(ワンランク上の座席)18席

運賃:日本発 69,000円~

シートピッチ:約107cm

座席幅(肘掛け間):約51cm

photo by zipair

機内設備

各座席には、モニターが設置されていません。しかし、持ち込んだ機器を利用できるように、コンセントやタブレットホルダーが設置されています。無料Wi-Fiも完備しているので、自分のスマホやタブレットを使って、Webを閲覧したり、動画や音楽を楽しんだりできます。機内販売も自席から注文・決済が可能です。

サービスは必要な分だけを追加

ZIPAIRでは航空券の価格が安い代わりに、大手航空会社で無料で受けられるようなサービスが付いていません。全てオプション(有料)扱いになります。ただし、不要なものにお金を払う必要がなく、利用シーンに合わせて必要なサービスのみを追加できるので、トータルコストを下げられる点はメリットです。

 

オプションは後から追加することはできますが、変更やキャンセルができません。注意深く申込を行いましょう。こちらでは、有料オプションについてくわしくご紹介します。

事前座席指定

ZIPAIRでは、有料にはなりますが、事前座席指定が可能です。好みの座席や隣同士の座席に座りたい場合は、事前に指定しておくのがおすすめです。事前座席指定を行わない場合は、出発24時間前に行われるオートチェックインで自動的に座席が決められます。事前購入期限は、非常口座席・最前列座席指定の場合は出発48時間前まで、通常の事前座席指定は出発24時間前までです。

 

価格

成田→ホノルル

ホノルル→成田

ZIP Full-Flat

1,500円

$14.00

Standard(非常口座席・最前列座席)

6,000円

$55.00

Standard(前方通路・窓側座席)

2,500円

$23.00

Standard(後方通路・窓側座席)

2,000円

$18.00

Standard(リクライニング制限座席)

500円

$4.00

機内食

photo by zipair

機内食は、以下の期限内にWebサイトまたはコンタクトセンターで事前購入が可能です。機内でドリンクや軽食を購入することもできます。

  • 日本発機内食の事前購入期限:出発72時間前、ただし一部は出発24時間前まで可能

  • 海外発機内食の事前購入期限:出発96時間前、ただし一部は出発48時間前

 

東京→ホノルル便の主なメニュー

ホノルル→東京便の主なメニュー

メニュー名

価格

メニュー名

価格

牛丼

ベジタブルペンネ

冷やしたぬきそば

スパイス香るZIPカレー

国産うなぎのふっくら鰻丼

お空で食べるお子さまボックス

¥1,300

¥1,300

¥1,400

¥1,600

¥2,800

¥1,200

・鶏もも肉のグリル レモンガーリッククリーム添え

・ほうれん草とクリームソースのチーズラビオリ

・Wチーズがけミートボールトマトソース

・ハヤシライス

¥1,700


¥1,700


¥1,700


¥1,700

 

アメニティ

photo by zipair

ZIPAIRでしか購入できないオリジナルアメニティも好評です。シンプルなデザインで、機内以外でも長く使えるようなデザインのこだわりがあります。アメニティグッズは、以下のようなセットタイプです。Webサイトやコンタクトセンターで事前に購入できます。事前購入期限は、日本発の場合は出発24時間前まで、海外発の場合は出発48時間前までです。

 

セット名

価格

内容

アメニティセットA

¥2,500

ブランケット、耳栓、アイマスク、ネックピロー、スリッパ

アメニティセットB

¥3,000

Aセットに含まれるものすべて+バッグ

 

持ち込み荷物

photo by zipair

ZIPAIRでは、以下のように手荷物を機内に持ち込む場合の規則があります。規定を超える場合は、超過料金が必要です。

持ち込み荷物の規定

  • 合計2個まで

  • 規定サイズ(1個目:40×25×55㎝、2個目:35×25×45㎝)を満たすもの

  • 重さ7㎏までは無料

  • 7kgを超過した場合は追加料金が必要(ただし、上限は合計12㎏まで。2023年10月29日搭乗分からは15kgまでに拡大)

  • 手荷物の追加料金は24時間前まで購入可能(当日空港での追加料金の購入は不可)

  • 機内持込手荷物重量追加料金(東京→ホノルル¥3,500、ホノルル→東京$32.00)

受託手荷物

手荷物を預ける際は、1個目から受託手荷物料金が必要です。ただし、1人あたり規定サイズ(3辺の和が203㎝以下)を満たす合計5個までとなっています。2023年10月29日搭乗分より、以下のように規定が変わるので注意しましょう。なお、スポーツ用品や自転車を預ける際は、特殊手荷物料金が必要になります。

 

2023年10月28日まで

2023年10月29日から

重さ1個分14kgまで

  • 東京→ホノルル

  • ホノルル→東京


¥4,500

$41.00




重さ1個分30kgまで

  • 東京→ホノルル

  • ホノルル→東京







¥6,000

$46.00

重さ1個分23kgまで

  • 東京→ホノルル

  • ホノルル→東京


¥5,500

$50.00

重さ1個分32kgまで

  • 東京→ホノルル

  • ホノルル→東京


¥6,500

$59.00

ラウンジ

photo by zipair

出発前の時間をゆっくり過ごせるような有料ラウンジサービスもあります。ラウンジ利用はWebサイトやコンタクトセンターで事前に購入できます。ラウンジの詳細は以下のとおりです。ラウンジ利用のオプションは、12歳以上が購入できます。6歳~11歳が利用する場合は、直接ラウンジに出向き、小児料金を払わなければなりません。ラウンジで直接料金を払う場合は、ZIPAIR購入特典が付きません。5歳以下は無料です。

  • ラウンジ名:Narita TraveLounge(ナリタ トラベラウンジ)

  • ラウンジ運営者:成田国際空港株式会社

  • 場所:第1ターミナル3階(出国手続き後エリア)26番ゲート付近

  • 利用料金:¥1,600

  • 営業時間:7:00~21:00

ZIPAIR購入特典

  • 基本サービスの利用:コーヒー・各種ソフトドリンク、無料Wi-Fi、各席電源、雑誌、フライト情報

  • ZIPAIR特典としてアルコールまたはデザート1品

セットでお得なサービスパッケージも!

オプションサービスをいくつか組み合わせて利用したい方におすすめのパッケージです。出発の48時間前までに購入できます。以下のように3種類ありますが、2023年10月29日搭乗分から、BIZが廃止され、以下のように規定が変わりました。サービスパッケージの価格は路線によって変わります。東京・ホノルル間の現時点での価格は以下のとおりです。10月29日以降の価格は現在未定です。

 

2023年10月28日まで

2023年10月29日から

VALUE(¥7,200)

  • 事前座席指定

  • 受託手荷物(お預けの手荷物)1個  ~23Kg

  • 機内食(Standard)

VALUE

  • 事前座席指定

  • 受託手荷物(お預けの手荷物)1個  ~30Kg

  • 機内食(Standard)

BIZ(¥4,800)

  • 事前座席指定

  • 機内持ち込み手荷物1個+5Kg(合計12KG)

PREMIUM

  • 事前座席指定

  • 機内持ち込み手荷物1個+8Kg(合計15Kg)

  • 受託手荷物(お預けの手荷物)1個  ~30Kg

  • 機内食(Standard)

  • アメニティセット(トートバッグなし)

PREMIUM(¥10,500)

  • 事前座席指定

  • 機内持ち込み手荷物1個+5Kg(合計12Kg)

  • 受託手荷物(お預けの手荷物)1個  ~23Kg

  • 機内食(Standard)

  • アメニティセット(トートバッグなし)

 

お子様連れ 旅に嬉しいU6サービス

ZIPAIRでは、0~6歳向けのサービスを展開しています。追加料金なしで利用できるので、お子様連れの旅の場合は、ぜひ利用しましょう。

「U6 Standard」運賃で利用できる

0~6歳までの子供は、通常の運賃と比べて安い「U6運賃」で予約可能です。東京・ホノルル間の価格は以下のとおりです。ただし、「U6運賃」では、18席限定のワンランク上のフルフラットシートの利用はできません。

 

ZIP Full-Flat Value

(7歳以上)

Standard Value

(7歳以上)

U6 Standard Value

(6歳以下・定額)

東京 - ホノルル¥69,000~

東京 - ホノルル¥29,000~

東京 - ホノルル¥15,000

ホノルル - 東京 $573.20~

ホノルル - 東京 $209.20~

ホノルル - 東京 $93.20

 

2歳未満にはチャイルドシート

ZIPAIRでは、幼児(0~1歳)にも必ず座席を確保し、チャイルドシート(Baby Safety Seat)を用意します。なお、チャイルドシートは後ろ向きの設置です。2歳未満の幼児であっても「U6 Standard運賃」で座席の購入が必要となります。

大人 隣 席を無料で用意

0~6歳までの子供の利用時は、大人(1名)と必ず隣同士の座席を確保しなければなりません。通常は事前座席指定が有料ですが、0~6歳まで子供と隣の大人(1名)の座席指定は無料です。事前座席指定が有料と聞くと、小さな子供連れでは料金が高くついてしまうイメージがありますが、子供と隣席の大人の指定料金がかからないことを知っておくと、ほかのエアラインと検討するときも正しい料金で比較できます。

チケット 予約方法

photo by zipair

実際に、ZIPAIRでチケットを予約する際の流れを説明します。

1.行き先

まずは、出発地(国・地域)と到着地(国・地域)を選びます。行き先がハワイの場合は、ホノルル(HNL ダニエル・K・イノウエ (アメリカ))を選びましょう。ZIPAIRのWebサイトからの予約は、パスポート情報の準備が必要です。

2.搭乗人数

搭乗人数を選択しますが、年齢は搭乗日時点です。

3.搭乗日時

行きと帰りの日付を選びます。

4.座席タイプ

Standard(スタンダードシート)とZIP Full-Flat(フルフラットシート)から座席タイプを選びます。

5.サービスパッケージ

サービスパッケージを利用するときは「VALUE」「BIZ」「PREMIUM」の3種類から選びます。後から自分の好きなようにオプションをカスタマイズできます。

6.搭乗者・滞在先情報

こちらでは、以下のような項目の記載があります。パスポート情報や滞在先情報が必要になるので、手元に準備しておくとスムーズです。

搭乗者情報

  • 姓名(ミドルネーム)

  • 性別

  • 生年月日

  • 国籍・地域

  • 居住国・地域

  • Redress Number*(任意)

*搭乗拒否リストや監視リストに記載された人物と同姓同名の場合、誤認を回避するために米国国土安全保障省が発行した独自の番号

連絡先

  • メールアドレス

  • 電話番号

パスポート情報

  • パスポート番号

  • 有効期限

  • 発行国・地域

滞在先住所(オートチェックイン実施前まで登録・編集可能)

  • 滞在先住所またはホテル名

  • 都市名

  • 郵便番号

  • 滞在先

7.オプション

サービスパッケージを選んだ場合、以下のオプション詳細を入力します。

  • 座席指定

  • 機内食

  • 手荷物

  • 単品オプション

  • ラウンジ

8.キャンセル保険

ZIPAIRのチケットは、ZIPAIR側の都合や悪天候時の欠航などを除き、払い戻しや変更ができません。交通機関の乱れで遅れる、搭乗者側のケガや病気なども同様です。突然の病気やケガであっても、チケット代金を支払わなければなりませんが、キャンセル保険を付けている場合は補償されます。キャンセル保険は、予約と同時に申し込む必要があり、後になっての追加はできません。感染症や伝染病、事故などに備えて加入しておくと安心です。保険料はチケット代金の約8%です。

9.海外旅行保険

「遅延のトラブル」や「病気やけがのトラブル」などのトラブルをサポートする海外旅行保険を申し込むことができます。希望する場合は、保証期間や内容をよく確認してから申し込みましょう。

10.決済

領収書の送付先指定などを行ったら、最後に支払い方法を選びます。以下の支払い方法から希望するものを選びましょう。ZIPAIRポイントについては、最後にくわしく解説します。

  • クレジットカード(Visa/Mastercard/JCB/American Express)デビットカード、プリペイドカード利用可

  • コンビニ払い(ローソン/ミニストップ/ファミリーマート/セイコーマートPayeasy)

  • 銀行振込(ATM)

  • インターネットバンキング

  • ZIPAIRポイント

決済が通れば、無事に予約完了です。

搭乗当日 流れ

チェックイン

photo by zipair

チェックインは、出発時刻の3時間前~1時間前までです。旅客数によっては、前倒しで搭乗手続きを開始することもあるので早めにチェックインを済ませておくと安心です。締切時刻を過ぎると搭乗できません。手伝いが必要な場合は出発の2時間前までに、チェックインカウンターに行きます。チェックインの際は、旅程表(印刷した紙もしくはメール送付された電子版)とパスポートが必要です。

手荷物を預ける

photo by zipair

手荷物を預ける場合は、出発の1時間前までに「チェックインカウンター」か「自動手荷物預入機」で荷物を預けます。締切時刻を過ぎた場合は預けられません。

保安検査

photo by ぱくたそ

チェックインして手荷物を預けたら、搭乗券とパスポートなどの渡航書類を持って保安検査場に向かいます。混雑することもあるので、時間に余裕をもちましょう。オートチェックイン済の方や手荷物を預ける必要がない方は、直接保安検査場に向かいます。

搭乗

photo by 写真AC

出発時刻の30分前までには搭乗ゲートに向かいます。間に合わない場合は搭乗できないケースもあるので早めに行っておくと安心です。搭乗の際にも搭乗券とパスポートなどの渡航書類の提示が必要になります。

よくある質問

予約変更やキャンセルはできる?

先にもご紹介したとおり、チケット購入後の予約変更やお客様事由のキャンセルはできません。オプションについても、申込後の変更やキャンセルができないので注意しましょう。

空港 カウンターで予約できる?

空港のカウンターでのチケット購入はできません。ZIPAIRのWebサイトかコンタクトセンターで予約しましょう。コンタクトセンターでの予約は、事務手数料(1人あたり1区間毎に最大2,000円)が別途必要です。無料で予約ができるWebサイトがおすすめです。

何日前から予約できる?

路線ごとに予約開始日が異なります。予約が開始されているかどうかは、空席確認のページでチェックしましょう。予約期限は、7歳以上の場合は出発の90分前まで、2~6歳の場合は24時間前まで、0~1歳の幼児は48時間前までとなっています。

機内販売はある?

photo by zipair

機内販売は、自身のスマートフォンなどの端末から利用可能です。購入済みの商品は、客室乗務員が席まで運んでくれます。 機内販売は、スナックや飲み物(ソフトドリンク、アルコール)、免税品、ZIPAIRオリジナルグッズなどがあります。なお、機内で現金は使えません。クレジットカード決済(Visa/Mastercard/JCB/American Express)のみとなっています。

ペットは搭乗できる?

photo by adobestock

ZIPAIRは、ペットとエモーショナルサポート犬の搭乗はできません。ただし、盲導犬、介助犬、聴導犬などの身体障がい者補助犬は、無料で搭乗可能です。身体障がい者補助犬を搭乗させるには、書類の提出が必要になります。出発の48時間前までに、必要書類と共にコンタクトセンターへの申し出が必要です。

ZIPAIR Point Club ポイントでさらにお得に!

photo by Japan Airlines

ZIPAIR Point Clubとは、ZIPAIRの会員プログラムです。Webサイトから簡単に会員登録できます。有料会員プログラムに入会すれば、お得な特典も受けられます。会員種別は以下のとおりです。

  • ZIPAIR Point Club(無料)

特典:ZIPAIRポイントの獲得・利用

  • ZIPAIR Point Club Plus(年会費¥5,000)

特典:ZIPAIRポイントの獲得・利用、受託手荷物を30%割引で購入可能(Webからの購入のみ)

 

上記のいずれかに入会したり、アプリに初回ログインしたりすれば、ポイントが付与されます。ポイントが貯まったら、1ポイント1円相当の価値になります。貯まったポイントは航空券購入時やオプショナルサービスの事前購入時、機内販売の際に利用可能です。ZIPAIRポイントは、JALマイルと相互交換でき、それぞれのポイントやマイルに交換できます。

ZIPAIRでお得にハワイへ!

ハワイに行ったら、観光、食事、ショッピングなど何かと出費がかさみます。ZIPAIRを利用すれば、2万円台という格安料金でハワイに行くことが可能です。変更やキャンセル不可など、いろいろと条件はありますが、条件が合えば利用するのも良いでしょう。