ハワイのディズニー「アウラニ」の楽しみ方ガイド!アクティビティやおすすめショップを一挙紹介

ハワイのディズニー「アウラニ」の楽しみ方ガイド!アクティビティやおすすめショップを一挙紹介

公開日:2023.05.14
更新日:2024.04.22

ハワイにあるディズニーリゾート「アウラニ・ディズニー・リゾート & スパ コオリナ・ハワイ」(以下アウラニ)は、ハワイ独自の文化や自然、そしてディズニーならではのエンターテインメントが融合された家族旅行に最適なリゾートです。 今回はアウラニに初めて宿泊する方やディズニーファンに向けて、ディズニーハワイリゾートに関する最新情報をお届けします。

3分でわかる「アウラニ」の特徴

アウラニ ステンドグラス

まずは、アウラニの基本情報や特徴を紹介します。

ハワイの自然と文化がテーマ

ハワイの自然と文化がテーマ アウラニ

ハワイの大自然と文化を尊重して作られているアウラニは、リゾートの至るところでハワイ文化に触れることができます。建物やプールのデザイン、施設内に飾られている彫刻や装飾品はハワイの伝統や神話に基づいていてディズニーリゾートのハワイ文化へのリスペクトを感じます。

広さは?

アウラニ 広さ

アウラニの面積は約8.5万㎡。東京ディズニーランドの面積は約46.5万㎡ですので、比べると広さはディズニーランドの約20%程度。 リゾート内にはホテルの他にプール、レストラン、ショップ、スパなどがあります。

ミッキーたちもアロハ気分!

ミッキー アロハシャツ

アウラニではミッキーたちもハワイらしくアロハシャツを着ています。プールで遊んでいると気軽に「アロハ!」とミッキーやミニーが横切ることも珍しくありません。ディズニーキャラクター全員がアウラニにいるわけではありませんが、やはりハワイ生まれのスティッチやポリネシアのプリンセス、モアナとハワイで会えるのはアウラニならでは。

どんなアトラクションがある?

アウラニ プール

アウラニはリゾートホテルなのでディズニーランドのようなアトラクションはありません。

趣の違った主なプールが6つあり、その他にもキッズエリアやジャグジー、アクティビティ施設、ウォータースライダーなどがあります。隣接しているビーチで海水浴やマリンアクティビティを楽しむことも可能です。

ALOCOのおすすめ店舗

ウクレレ体験やアート体験も!

ウクレレ

photo by Wikimedia Commons

宿泊者は予約をすればウクレレのレッスンを無料で受けることもできます。その他にスタンプを使ってオリジナルのTシャツをデザインしたり、ハワイらしいミッキーの耳のカチューシャを作る有料アクティビティにも参加できます。滞在中は海やプールで過ごすことがほとんどかもしれませんが、もしも雨天の場合はこういったアクティビティをうまく活用して楽しむことをオススメします。

結婚式を挙げることもできる

ミッキー ミニー 結婚式

photo by @shi_tana22/ Instagram

アウラニでのウエディングは予算や希望に応じて様々なプランが用意されているため、自分たちにぴったりのウエディングの日を過ごすことができます。キャラクターの登場が可能なプランではディズニーのキャラクターがお二人の大切な日を祝福しに駆けつけてくれます。

場所とアクセス

アウラニ ビーチ

アウラニはコオリナと呼ばれるオアフ島の西部に位置しています。「コオリナ・リゾート」と呼ばれ、4つの美しいラグーンとアウラニの他にマリオットやフォーシーズンズなどのリゾートホテルが並んでいます。ワイキキからはレンタカーで約1時間。タクシーを利用する場合は100ドルほどかかります。ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)からは約30分で到着します。シャトルサービスを利用する場合はアウラニホームページで詳細をチェック。

公式ページはこちら





ALOCO編集部のおすすめ店舗はこちら→

ALOCOのおすすめ店舗

プランについて

アウラニ プール

アウラニでの宿泊は数々のアクティビティが含まれているインクルーシヴ・プラン。

食事と一部のプログラムは有料ですが、プールやビーチ、キッズ向けのアクティビティ・クラブ、フィットネス・クラブの利用やキャラクター・グリーティングは全て無料です。

予約方法/入場制限の有無

スティッチ 銅像

アウラニの公式サイトからの予約は現在日本語サイトからは受け付けておらず、英語サイト(http://www.disneyaulani.com)からしかできません。その他は特定の旅行代理店からの予約となります。プールの利用は宿泊者のみなので、宿泊していればリゾート内への入場を制限されることはありません。しかし、混雑時はプールサイドの椅子を人数分とることが難しい時もあります。