【日本語で安心!】ハワイ旅行の急な体調不良に利用できる病院紹介!

【日本語で安心!】ハワイ旅行の急な体調不良に利用できる病院紹介!

公開日:2024.06.30
更新日:2024.07.22

せっかくのハワイ旅行で急に体調不良になったり、けがをした場合、とにかく不安になりますよね。日本語が通じる病院はあるのか、ハワイの医療事情はどうなのか?などと、何かと不安に襲われる人も多いのではないでしょうか?この記事では、そんな困った時に役立つ、ハワイにある日本語の通じる病院をご紹介します。

ハワイ(オアフ島)で体調不良やケガになっても安心?!

photo by adobe stock

実はハワイ州では、OLA ( Office of Language Access) という包括的な言語アクセスのサポートをする機関があり、ハワイ州政府の各公的機関やハワイ州から財源サポートを受けている機関は、英語が分からない人(基本、住民が対象)をサポートすることが法律で義務付けられています。困った時には無料通訳を依頼できるので、英語が苦手でもハワイでは安心して過ごすことができるんです。

ハワイ(オアフ島)には日本語が使える病院がある

ハワイ、特にオアフ島では日本語対応している病院がいくつかあるので、英語が苦手な人でも日本語で病状の説明をできるのは安心です。日本語ができるローカルのスタッフ、もしくは、医師やスタッフが日本人のところもあります。

 子連れハワイ旅でも日本語対応な病院があれば何かと安心

お子さんは気温や環境の変化で急な発熱や風邪を引いたりすることも多いですし、アクティブに遊んでいる時にはしゃいで怪我をしてしまうこともあります。そんな状況になっても安心して日本語で説明できる病院があるのは安心です。

日本人医師経営・ワイキキまでのタクシー送迎などもある

オアフ島にある日本語対応している病院には、日本人の医師が経営しているクリニックもあるので、予約から診察など最初から最後まで全て日本語で通じるところもあります。また移動の手段がなかったり、患者が辛くて自力でクリニックまで行くのが大変という時も、タクシーや専用バンなどでの送迎があるクリニックもありますので、利用すると便利です。

診療所が設置されているホテルもある

ワイキキのホテルがメインですが、診療所がホテルに隣接されていたり、ホテルの中にあるところもあります。検査用の機械も結構充実しているので、よっぽど精密検査が必要な場合以外は、大抵がこういったホテルに設置されている診療所でも充分でしょう。

深夜0時まで診療可能な日本語対応病院もある

特にお子さんのいる方は、夜中に具合が悪くなることもあったりするので、予測がつかなくて、あたふたしてしまうことも。でもオアフ島には深夜0時まで診療可能な日本語対応している病院もありますし、現地の病院に行ったとしても、通訳サービスをリクエストすれば電話に夜通訳サポートの対応などもしてくれるので、安心です。

ハワイ(オアフ島)の病院事情|金額・医療レベル

photo by adobe stock

ハワイ(オアフ島)医療費用

ハワイの医療費は日本と比較すると非常に高くて、平均で10倍はすると言われています。医療費が高いので、救急車(救急車はアメリカでは有料)もあえて乗らないで自力で病院に行ったり、拒否する人もいるくらいです。また入院となると数日だけでも数百万円、大きな手術をしたら軽く1000万円超えることも珍しくないので、医療費が高いことは覚悟しておきましょう。ハワイでは手術をしたらすぐに家に帰るように支持されますが、保険がそこまでカバーしなかったり医療費が高いことが理由であったりもします。

 ハワイ(オアフ島)医療レベル

アメリカは医療レベルが高い先進国なので、アメリカの州のひとつでもあるハワイの医療レベルは、比較的高いと言われています。医療設備なども大変整っていますが、稀に大変複雑な手術や治療など、アメリカ本土でしか行われていないものもあり話も聞くことがあります。それでもハワイは昔から多くの移民と接してきた島なので、多様人種に対応した丁寧な医療サポートを受けられる安心感があることもプラスの要因です。

【日本語対応OK!】ハワイ(オアフ島)の病院!

photo by adobe stock 

日本人経営の病院 

ワイキキ緊急医療クリニック

カラカウア通りのバンクオブハワイビル3Fにある総合医療クリニック。アメリカ家庭医学公認医師の日本人医師、堀育史先生が対応してくれます。日本人医師、日本人看護師もしくはスタッフが常時勤務しており、ワイキキから無料タクシーのサービスもあります。

 

アクセス

2155 kalakaua Ave, #308, Honolulu HI 96814

電話番号

808-924-3399

webサイト

http://www.waikikiclinic.org/j-top.htm

営業日

月〜金曜日:9am-5pm, 

日曜日:9am-12 noom 

土曜、祝祭日:休み

 

相馬クリニック ワイキキ

ハワイで生まれ育った、家庭医学総合診療科の専門医である日本人の相馬洋一先生が、独立開業したワイキキのバンクオブハワイビルの1階にあって、スタッフも全員日本語が話せます。豊富な診療科目で、あらゆる体調不良に対応可能で、オンライン診療やキャッシュレス診療にも対応しているので、便利です。

 

アクセス

2155 Kalakaua Ave #112, Honolulu, HI 96814 

電話番号

808-358-2182

webサイト

https://drsoma.com/

営業日

月曜日 1pm-6pm, 

火曜日 9:30am-6pm,

水曜〜土曜日 1pm-6pm 

日曜日 11am-6pm 

月川クリニック

福島医科大学でドクターとして在籍後、ハワイでリサーチや研修をした上で、ファミリードクターとして活躍する日本人女性の月川一恵先生のクリニック。一般内科、小児科、婦人科、眼科などが専門で、予防接種や高度不妊治療の相談や紹介なども受け付けています。

 

アクセス

Ala Moana Bldg 17th floor 1441 Kapiolani Blvd #1730, Honolulu, HI 96814 

電話番号

808-941-7770

webサイト

https://tsukikawaclinic.com/

営業日

月火木金 8:30am-5pm 

水土 8:30am-12noon 

日曜、祝祭日 休み

 

オハナクリニック総合診療科

信州大学病院で外科医、またがん治療の治療に携わった後にがん研究の為に渡米し、2013年からハワイ大学医学部関連病院で、家庭医学の臨床研究を行い、2016年に自分のクリニックを開業した、日本人女性、太田恵美先生。総合医療を対象としていますが、場所がアイナハイナ、そして、アラモアナの聖ルカクリニック内、アイエアのパリモミフィジシャンビルの中と3箇所と曜日によって先生のいる場所が違います。なかなか日本人医師が’いないようなアイナハイナやアイエアで日本語で診療を受けられるのがポイントです。

 

アクセス

  • 850 West Hind Drive #205, Honolulu, HI 96821

  • 1441 Kapiolani Blvd Ste 2000, Honlulu, HI 96814 

  • 98-1079 Moanalua Rd, Ste 200, Aiea, HI 96701

電話番号

808-377-3193(日本語直通)

webサイト

https://ohanaclinic.com/

営業日

月曜  9:30am-3pm (アイナハイナ)

火曜    9:30am-3pm (聖ルカクリニック)

水曜    9:30am-3pm (アイナハイナ、オンライン診察)

木曜 オンライン診察 

金曜    2pm-4pm (パリモミ)

土曜    9:30am-2pm (アイナハイナ)

日曜祝日 休み

 

日本語対応可能!日本人医師又は通訳ありの病院

日本人の先生の経営ではありませんが、日本人の医師が勤務していたり、日本語で対応してくれたり、通訳のついているクリニックをご紹介します。

ドクターズ・オン・コール(シェラトンワイキキ内)

ストラブ病院系列のドクターオンコールは、ワイキキの観光客やワイキキで働く人たちの為に開業した予約必要なしでウォークインできるアージェントケアクリニックです(いわゆるER、緊急医療室ではありません)。シェラトンワイキキの入り口付近と、ヒルトンハワイアンビレッジ内にあります。ワイキキやアラモアナ近辺のホテルからクリニックまで無料で送迎もあるので、便利です。医師は現地のドクターがほとんどですが、受付や通訳が日本人、もしくは日本語が話せるスタッフなので、安心して利用できます。

 

アクセス

シェラトンワイキキ、マノアウィングビルの地下

2255 Kalakaua Ave, Honolulum HI 96815 

webサイト

https://www.hawaiipacifichealth.org/straub/patient-visitors/doctors-on-call-japanese/

営業日

毎日 10am-8pm 

 

アクセス

ヒルトンハワイアンビレッジのレインボーバザール2階

2005 Kalia Rd, Honolulu, HI 96815

webサイト

https://www.hawaiipacifichealth.org/straub/patient-visitors/doctors-on-call-japanese/

営業日

月〜金曜 8am-4pm 

 

ドクターズ・オブ・ワイキキ

ワイキキにある緊急外来クリニックで総合医療が対象。日本語だけでなく、中国語、韓国語など他の外国語も幅広く対応していて、まさにワイキキに集まってくる多くの外国人が安心して治療が受けられるクリニックです。

 

アクセス

120 Ka'iulani Ave, Ka'iulani Wing 10 & 11, Honolulu, HI 96815

webサイト

https://www.doctorsofwaikiki.com/

営業日

8am-10pm 年中無休

 

ワイキキメディカルクリニック

ワイキキで長年アージェントケアクリニックを経営していたクリス・イエー先生は千葉大学の医学部卒の中国系のローカルの先生。現在は、クリニックは持たず、オンラインで診察や往診をしている他、宿泊先のホテルなどに出張に来てくれて問診、診察をしてくれます。診療時間外でもワイキキ内の問診を受け付けているので、相談してみては?

 

アクセス

webサイト

http://www.waikikimedicalclinic.com/

営業日

平日 10:00-4pm 

 

THE QUEENS MEDICAL CENTER

ハワイで有名な病院施設のクイーンズ病院でも、日本語で診療をリクエストするとオンラインや電話などで通訳サービスをつけてくれます。クイーンズはオアフ島の中でも医療設備が整っているのであらゆる医療に応じることができます。

 

アクセス

1301 PUNCHBOWL ST. HONOLULU, HI 96813

webサイト

https://www.queens.org/locations/hospitals/qmc/

営業日

 

もし、ハワイで体調不良やケガをしたらどうするの?!

photo by adobe stock

緊急を要さない場合

緊急を要さない場合は、ワイキキ周辺にある上記にあげたクリニックを利用すれば、ほとんどの状況は解決できるでしょう。日本語が通じる電話番号を使って連絡して、クリニックまでの送迎もしてくれるところがあるので、できるだけ早く病院に行きましょう。病院から処方箋がでますので、その処方箋はロングスドラッグス、ウォールグリーンズといったドラッグストアに持っていくと、薬を購入できます。

緊急の場合!

緊急に医療を受ける必要が生じた場合は、「911」に電話して救急車を呼びましょう。救急車は有料ですが、総合病院で緊急医療を受けることができますので、一刻を争うような状況の時は救急指定されている緊急病棟に行ってください。

ハワイで病院に行く際の持ち物

photo by adobe stock 

ハワイで病院にいくことになったら、海外旅行保険やクレジットカード、そして身分証明書となるパスポートなどを必ず持参しましょう。また普段から飲み慣れているお薬や、常時飲んでるお薬などがある場合は、それを持参した方が無難です(薬の名称がハワイと日本では違うので、見せれば医者や薬剤師はわかってくれます)。

ハワイ滞在中に病気やケガをしてもこれで安心!

photo by adobe stock 

ハワイではこのように日本語で診療を受けることが可能です。

ハワイの医療水準は高く、衛生面や医療設備も極めて良好ですので、あらゆる医療に応じることができます。

予想していなかったことが起こるのは、旅にはつきもの。医療費は非常に高額で入院や手術をしたら日本円で数百万〜数千万円に及ぶことも稀ではないので、必ずハワイに旅行するときは海外旅行保険(もしくはクレジットカードについている保険)に加入してハワイ旅行をすることをオススメします。

安心して、楽しいハワイ旅行にする為にはとても大事なプロセスです。