【比較】ホノルルでおすすめのレンタカー会社10選|料金の目安もチェック

【比較】ホノルルでおすすめのレンタカー会社10選|料金の目安もチェック

公開日:2023.12.02
更新日:2024.04.15

観光旅行ではシャトルバスやツアーの送迎などがあるため、基本的に車での移動が中心です。しかし、ツアーを利用しない方、または自分が行きたい場所がほかにある場合は、自由に移動できる車が欲しくなるのではないでしょうか。今回は、ホノルルで利用できるおすすめのレンタカー会社をご紹介します。会社の特徴や利用料金の目安、注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

レンタカーの料金目安

テーブルに置かれたパイナップル、電卓、お札

photo by adobestock 

ホノルルのレンタカーは、平均相場は約1万円が目安と考えられます。現地のレンタカーは会社ごとに対応の違いがあり、現地在住者とそうでない者で料金差があるケースも少なくありません。今回紹介した10社は、レンタル料金が安い会社を集めています。10社間の最安値は4~5千円、平均値は8千~1.1万円程度、最高値は2万円以上です。ただし、これは今回ご紹介した安い会社の目安になります。レンタル料金が高い会社を選んだ場合、これよりも上乗せした価格になると想定しておきましょう。

ホノルルでのレンタカーの利用手順

赤い車

photo by photoAC

ホノルルでレンタカーを利用する手順を解説します。これからホノルル旅行でカーレンタルサービスを検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

1. 予約をする

スマホを操作する女性

photo by adobestock

レンタカーを利用する場合、飛び込みではなく事前予約が無難です。予約方法は公式サイトの予約フォームや問い合わせ、営業所の窓口などさまざまな方法があります。出国前にオンライン予約を行い、現地到着後に営業所での受け渡しがスムーズです。予約前には、利用プランと利用車種、手続きを行う営業所と貸出日・返却日を必ず決めておいてください。

2. レンタル場所へ行く

黄色いキャリーケースを持っている女性

photo by adobestock 

予約後に出国し、現地到着後にレンタカーを受け取りに営業所に行きましょう。利用したサービスによっては、空港でレンタカーの貸出・返却を行っているケースもあります。レンタル場所が空港の場合は所定のレンタル場所に移動し、そうでなければ予約時に指定した営業所に向かいましょう。レンタカーの受け取り場所を間違えないよう、予約時に指定した営業所を必ずチェックしておいてください。

3. 手続きを行う

紙の上に車の模型をのせている男性

photo by adobestock 

レンタカーを受け取る際、レンタル契約の手続きが必要です。予約時の契約者情報に間違いがないか、年齢や免許の有無を確認されるので、免許証とパスポートを用意してください。確認が終わったら、料金プラン、車種、オプションなどに間違いがないかチェックされます。最終確認がされるので、料金プランの変更や追加オプションがないか内容を確認しておきましょう。

4. レンタカーを点検する

メモをとっている女性

photo by adobestock 

実際に自分が乗るレンタカーを点検します。車体に傷やへこみなどがあった場合、万一のトラブルに巻き込まれるリスクを回避するためです。車体に傷などがある場合、返却時に契約者による傷と判断されてしまうおそれがあります。傷がある場合は、そのことをスタッフに伝える、あるいは日付入りで傷の有無や位置をカメラなどで記録しておきましょう。

5. 利用し、返却する

青空の下の車

photo by photoAC

レンタル手続きとレンタカーのチェックが終わったら、即日レンタル開始です。貸出日は車をレンタルした日、返却日は予約時に指定した日になります。返却の際は他社営業所での手続きになるニッポンレンタカーのような例もあるので、必ず返却場所を確認しておきましょう。また、乗り捨てが可能なサービスもあるので、返却方法も忘れずにチェックしておいてください。

6. 料金を支払う

クレジットカードを差し出している様子

photo by pixabay

レンタカーの料金は、サービスによって清算のタイミングが異なります。多くは利用後の返却時にレンタル料金の精算が行われますが、利用前の前払いとなるケースがあります。予約時に支払い方法を聞かれるので、清算のタイミングをチェックしておいてください。ガソリン代やオプション料など、別途追加料金が発生する場合があるので注意しましょう。

ホノルルでレンタカーを利用する際の注意点

ホノルルでレンタカーを利用する際の注意点をまとめました。トラブルに巻き込まれないよう、事前にチェックしておいてください。

保険に加入する

メモをとっている手元

photo by adobestock 

万が一の事故やトラブルに備え、保険への加入はほぼ必須です。日本企業やグループ会社のレンタカーは、基本的に保険への加入が料金プランに含まれていますが、海外のレンタカーはそうではない場合があります。仮に保険加入しても事故のケースによって、補償適用外となってしまう場合があるので、自分が加入している保険と適用範囲を必ず確認しておいてください。また、保険の適用範囲にも限りがあるので、必要であれば追加の保険加入も検討しましょう。

運転ルールを把握しておく

標識の下に停められた車

photo by ぱくたそ

車を運転する以上、ルールを厳守するのは当然の責任です。しかし、日本国内とホノルルでは運転ルールが違います。主な運転ルールは、以下の通りです。

  • 数字はマイル表示

  • 左ハンドル右側通行

  • 赤信号時の右折

  • 横断歩道法

  • スクールバスの追い越し禁止

  • 標識の違いなど

ホノルルでは標識は英語、数字が欧米式になるので、判断を誤らないように注意してください。レンタカーを借りる前に、運転ルールの再確認は必須です。

おすすめの記事はこちら

初めての方必見!ハワイの運転ルールと知っておくべき注意点【標識・駐車場・法律】

必要な持ち物を把握しておく

パスポート

photo by ぱくたそ

レンタカーの手続きや身分証明確認に必要な持ち物は、以下の通りです。

  • パスポート

  • 日本国内の運転免許証

  • 運転者名義のクレジットカード

ホノルルでレンタカーを借りる際、運転免許証と運転者名義のクレジットカードが必須です。パスポートは国際免許証がない場合の代替になりますので、国際免許証がない場合は必ず持っておきましょう。以上の3つは1セットとしてそろえておいてください。

おすすめの記事はこちら

ハワイ旅行の持ち物リスト|忘れずに持って行くべきアイテム完全ガイド

できるだけ旅行前に予約する

レンタカーは現地で手配が可能ですが、出国前の予約がおすすめです。旅行前に予約をしておけば、レンタカーの手続きの手間がかからず、スムーズに利用できます。シーズンによっては混み合う場合もあるので、時短や安心の意味でも旅行の前に予約しておきましょう。

日本語に対応しているか確認する

ホノルルは日本人観光客が多いので、サービスの多くは日本語対応されています。しかし、すべてのレンタカーサービスが日本語に対応しているわけではないので、できる限り日本語のわかるスタッフがいる会社を選びましょう。詳しい案内や説明が日本語であれば、ストレスなくホノルル旅行を楽しめます。

ホノルル旅行はレンタカーで効率よく!

ホノルルは日本人観光客も多く、自然に囲まれた穏やかな雰囲気が心地良いので、旅行先におすすめです。美しいビーチやご当地グルメなど、名所は数えきれません。ホノルル旅行の際にはレンタカーを借りて、効率よく観光スポットめぐりを満喫してください。